PHILOSOPHY

幸せな時も、そうでもない時も、
隣にいてくれるものが、一生物だと思います。

もちろん一生物だと思って手に入れたものが、

一生物ではなかった時もある。
一年で使わなくなると思ったものを、

五年十年、大切にし続けたこともある。

それは靴だったり、古着屋のカバンだったりする。
言葉だった時もあれば、ジッポーだった時もある。
マグカップでもあれば、人間関係だったりもする。

一生物とは、とても不思議なものです。
私たちもまた、移ろいやすい存在です。

それでも、これだけは確かではないでしょうか。

手に入れても、愛せるものが、

本当に大切なものである。
そして日々使い続けたものだけが、一生物になる。

夜も昼も、雨の日も晴れの日も、
気分が良い時もそうでない時も、

隣に寄り添い続けてくれる、

ささやかで美しく、幸福なもの。
そんなものに囲まれて暮らす生活を、

真の贅沢と呼びたいのです。